グラフィックデザイナーの楽しさとは

グラフィックデザイナーは情報化社会を象徴するような職業であり、現場では年々人材の需要が高くなっているので自身のスキルが必要とされているという実感が感じられます。

もちろんやる気が高いだけではクライアントに満足して頂けるグラフィックデザインを納品する事はできず、絶えず新しい情報や知識を吸収して学び続ける必要があるものの自身が手がけた作品がポスターやパンフレット、ウェブサイトで使用されているのを見るとやりがいに繋がります。

グラフィックデザイナーの楽しさとは2そうしたように自分の評価が直接的に返ってくるので一般的な会社員とは異なり努力した結果が会社の評価になってしまうといった事はなく、個人的なスキルとして蓄積していく事が可能です。

そのため、当初は事務所などの組織を介してクライアントとミーティングを行いグラフィックデザインの計画を練っていくという方法であったものが、直接連絡を頂けるようになります。

そうなると自分の名前が武器になるため独立する事ができるようになるので、雇われる立場から雇う側になったりフリーランスとして個人活動が行えます。

企業に勤めていると苦手としていたりあまり着手したくないグラフィックデザインも遂行していかなければならないのですが、個人として動けるようになれば得意分野だけを駆使していく事が可能なのでますます知名度が高まり良い好循環が生まれます。

もちろん自営業であるので、納品したグラフィックデザインによりデザインで人の反応が変わる瞬間を目にすることができ尚更モチベーションが高められます。

またグラフィックデザインは言語を用いる事無く線や形だけで伝えたい事が明瞭に伝達できるといった強みを持っているので、言葉が異なる他国の方々とも国際交流が図れるようになりますし上手く文字を読む事ができないという課題を抱えている方とも難なくコミュニケーションができます。

デザインで人の反応が変わるという神秘的で感動できる現場に直接携われるのが、グラフィックデザインを作るデザイナーの特権です。