グラフィックデザイナーは今後も食べていけるのか

インターネットが普及し始めてから、職業も少しずつ移り変わっており最近ではグラフィックデザイナーが増え続けています。インターネットのホームページや書籍などさまざまな分野においてグラフィックデザイナーの仕事は重要になっています。

 

グラフィックデザイナーの今後2重要な仕事になるとともに、グラフィックデザイナーになりたがる人が多くなり、2010年以降は過酷な競争が行われているのが現状です。グラフィックデザイナーも本業だけでは食べていくことができない人も多く、副業をしながら行っている傾向が出てきています。ですが、グラフィックデザイナーの中にも独立して本業としてそれのみで生活している人もいます。

今後グラフィックデザイナーとして食べていくためには、狭い範囲にとらわれないことが重要になります。

広い知見を持つことで様々な仕事が舞い込んでくる可能性があるでしょう。例えば、いままでインターネットのホームページなどで利用していたグラフィックデザインをもっと別のところで使用することによりお金を稼ぐ方法もあります。

また、別の方法としては自分にしか作れないデザインを確立させることができれば、それがやがてブランド化していき、多くのファンができるでしょう。結局は自分で成長しようといった気持が重要になります。

グラフィックデザイナーとして食べていくために、全体の上位の1割の実力をつけることが重要です。

多くの人は、グラフィックデザイナーを本業をして独立しながら別に副業を持っているか、それとも雇われてデザインをしているかのどちらかになりますが、上位1割の実力を持つことができれば独立してそれのみでやっていくことができるでしょう。もちろん最初のうちはさまざまなものに挑戦して自分の得意分野と苦手分野をはっきりさせることが重要になります。ですが得意分野と苦手分野がわかれば、苦手分野はそのままにしておき得意分野を徹底して極めることが重要です。その分野で評価されることがあれば次第に注目されていき、一生仕事に困ることはなくなるでしょう。