グラフィックデザイナーになるためにやるべきこと

グラフィックデザイナーになるためには色々なスキルが必要です。

企業のポスターや商品パッケージのデザインなどを行うのがグラフィックデザイナーのお仕事であり、クライアントの意向にそって創作活動をしなければいけません。自分の個性を前面に押し出して創作活動をする漫画家や画家とは、同じクリエイターでもお仕事の内容が異なります。

グラフィックデザイナーを目指す方はパソコンの基本的な操作を学び、業界で主流となっているペイントソフトやグラフィックソフトのスキルをマスターしましょう。今日のグラフィックデザインはほぼ百パーセントパソコンで進められています。アナログ的な作業も一部ありますが、ロゴマークのデザインなどは草案から実際のデザイン活動まですべてデジタル画面で行います。そのため、パソコンが満足に触れないと今日プロのグラフィックデザイナーになる事は厳しいです。

イラストの作画も今ではペイントソフトとペンタブレットで始めます。ラフ画の時点からデジタル的に進め、デザインはパソコンのデータとして保存されます。クライアントとの意思疎通も今ではEメールがメインです。また草案や完成図などもオンラインストレージでやり取り事が主流であり、ネットの基本的な知識もマスターしておきたいところです。

グラフィックデザイナーになるため2

グラフィックデザイナーを目指す若者は毎年増えてきました。

数多くのライバルとの競争に打ち勝つためには魅力的なポートフォリオを製作しなければいけません。ポートフォリオとは自分の作品をまとめたアルバムのようなものです。就職活動をする際の必須アイテムです。ポートフォリオに掲載できるような傑作を普段から意識して制作しなければいけません。また特定の分野だけではなく、自分の作風とは違うデザイン画にも積極的に挑戦しましょう。平面だけでなく、パッケージデザインなどの立体物も良い経験になります。

 

そして何よりデザインを好きになろうとする気持ちが大事です。

スキルアップの原動力はモチベーションであり、技術を黙々と磨くだけではなく、一流デザイナーの作品に触れたり同じくデザイナーを志す同級生とコミュニケーションを交わすなどして、創作活動への意欲を維持しましょう。