デザイナーはグラフィックデザインを制作する仕事です

今最も熱い職業といえばグラフィックデザイナーと言えるでしょう。これはグラフィックデザインを行う仕事で多くの場所で使われています。例えば雑誌の挿絵や、表紙のグラフィックを制作するのが仕事です。またインターネット上では多くの場所でイラストが使われているといえます。これはクライアントとヒアリングをして最適なデザインを提案する仕事です。ちゃんとクライアントのやりたいことやアイデンティティを読み取り最適なイラストを制作するのが目的なので、イラスト作成能力だけでなくコミュニケーション能力も必要と言えます。ホームページにも使われているのものなのでコンセプトをちゃんと理解して作る事が肝心です。統一性のあるトーンにしたり、微調整を行い打ち合わせを行います。

グラフィックデザインの仕事の流れ

最初にいくつかのデザインを提案してクライアントがそこから決める、またはこうしてほしいという要望があれば修正していく作業を行うのが特徴です。ただグラフィックを制作するだけでなくときには文字と合わせます。特にウェブデザインでは重要な要素となっているので注意しておきましょう。レイアウトがスッキリするように画像と文字を整理していきます。そうすれば見やすいホームページにすることができるのでおすすめです。間隔も重要でイラストと画像があまりに近すぎるとそれぞれの役割を妨げられる恐れがあります。見栄えのいい適度な間隔で配置するのが大事です。配色の違いも重要、グラフィックに文字を重ねるときはわかりやすいように工夫をします。明るいイラストの上に白い色をのせると見づらくなってしまうので注意です。視覚効果の1つでコントラストのはっきりわかるような組み合わせにするのが基本といえます。フォント選びも重要な部分、1つのページ内で複数のフォントを使用すると統一性のないページとなっていしまいがちです。フォントはブランドのイメージにも関わるものなので最適なものを1つ選択します。

グラフィックデザイン 依頼 について