デザイナーがグラフィックデザインを制作する実例

広告やパンフレット、折込チラシといった紙媒体やウェブサイトに掲載するグラフィックデザインを施すのがグラフィックデザイナーで、通常広告代理店をはじめ広告制作会社やデザイン事務所、会社の制作部や広報部に在籍し活躍します。グラフィックデザイナーが担う業務内容は、クライアントであるお客様からお聞きした要望を基本としてコンセプトや企画を練っていき、訴えかけるべき層に向けて有効的なグラフィックデザインを考える事です。経験が豊富で優れたセンスと技術を持っているデザイナーであると、テレビコマーシャルや規模が大きな広告のプロジェクトに携わる機会が増えますが、そうした事例では単独ではなくフォトグラファーやアートディレクター、コピーライターというように他のデザイナー達と手を取りグラフィックデザインの完成を目指します。まだデザイナーとしての経験が浅い場合やグラフィックデザイン自体が未経験の場合ではアシスタントという形で現場で数年間にわたる経験を積み、少しずつ業務内容を広げていき一人前のデザイナーを目指していくのが一般的なキャリアアップの方法です。

グラフィックデザイナーのキャリアアップについて

通常は広告代理店をはじめ広告制作会社やデザイン事務所、会社の制作部や広報部に在籍してグラフィックデザインをする事が多いですが、活躍する年数が長くなり各企業や業界全体から一目置かれる存在になると独立してグラフィックデザインを続けていく方も居ます。独立すると企業に属していた時のように安定的に案件に着手でき収入も得られるようにはならないものの、単独で制作活動をしているからこそクリエイティブディレクターもしくはアートディレクターという肩書で、大企業が制作を希望している大プロジェクトのメンバーに抜擢されるチャンスが得られます。グラフィックデザイナーとして活動していくためには突出して免許や資格は必要無く、いかに独自性が高いグラフィックデザインができるのかがポイントになりますが、ウェブサイトとの兼ね合いは無視できないものになっているので、ウェブに関する知識とスキルは持ち合わせておいた方が良いです。