グラフィックデザインを学ぶ方法

グラフィックデザインを学ぶためには様々な方法がある。

一つはインターネットで学ぶことができます。インターネットで学ぶ場合には、無料のホームページなどを利用して学ぶことができますが、それ以上の内容を知りたい場合には、情報商材などを購入し学ぶこともできるでしょう。情報商材の金額はその商品によって異なりますが、1万円から3万円くらいになります。あまりにも料金が高いものは、よく口コミを参考にしてみることが重要です。中身は1万円程度なのに価格だけ高いこともあり得るからです。

次に必要になるのは書籍で、グラフィックデザインに関するものは多く流通しています。書籍の場合には、初心者用なのか中級者用なのかによって内容が大きく異なってきます。初めてグラフィックデザインを学びたいならば初心者向けの本を購入しなければ内容がさっぱりわからなくて投げ出してしまうことになるでしょう。初心者用の本は1冊だけでなく2冊から3冊ぐらいは購入して読んでみることが重要になります。これらのものを学ぶときにはほとんど独学で学ぶことになりますので、知識だけを頭に入れて終わりにしないことが重要になるでしょう。知識だけ頭に入れた段階でたくさんのことを学んだ気になってしまいよいデザインが作れそうな錯覚に陥ってしまいます。ですが実際には、実践しないと意味がないことになりますので、受け身にならないように積極的に行動することが重要です。

デザインの専門学校なども千差万別

デザインの専門学校なども千差万別。

人に教わりたければ、専門学校や大学に行き教わることも十分可能になりますが、書籍やインターネットで学ぶよりもたくさんのお金がかかってしまいます。例えば専門学校に入学する場合ならば、基本から応用までひと通り学ぶことは可能です。その代わり、入学金や授業料・教材費などを合わせて100万円以内で収まればよい方で初年度は130万円くらいの金がかかってしまうと予想しておきましょう。もちろん、まじめに学べばその分だけの技術が身につくでしょう。

グラフィックデザイン依頼

デザイン制作はTOMMY GRAPHICS

ロゴマーク作成・企画

ロゴデザインならLOGOLO

看板デザイン・ポスター作成

デザインのご依頼はASOBO DESIGN

グラフィックデザイナーの楽しさとは

グラフィックデザイナーは情報化社会を象徴するような職業であり、現場では年々人材の需要が高くなっているので自身のスキルが必要とされているという実感が感じられます。もちろんやる気が高いだけではクライアントに満足して頂けるグラフィックデザインを納品する事はできず、絶えず新しい情報や知識を吸収して学び続ける必要があるものの自身が手がけた作品がポスターやパンフレット、ウェブサイトで使用されているのを見るとやりがいに繋がります。

グラフィックデザイナーは今後も食べていけるのか

インターネットが普及し始めてから、職業も少しずつ移り変わっており最近ではグラフィックデザイナーが増え続けています。インターネットのホームページや書籍などさまざまな分野においてグラフィックデザイナーの仕事は重要になっています。重要な仕事になるとともに、グラフィックデザイナーになりたがる人が多くなり、2010年以降は過酷な競争が行われているのが現状です。グラフィックデザイナーも本業だけでは食べていくことができない人も多く、副業をしながら行っている傾向が出てきています。ですが、グラフィックデザイナーの中にも独立して本業としてそれのみで生活している人もいます。

シネマグラフがなぜ注目されているのか

インターネットの世界には様々な画像や動画がありますが、最近は画像と動画を合わせたようなシネマグラフが流行しています。シネマグラフとは、基本的には画像と同じですが画像の一部分だけ色が変化したり動いたりするものです。全体の画像の中に一部動画があるようなもので、それらを利用したウェブサイトが増えてきています。シネマグラフは、手軽にWEBで活用できるのがポイントになります。 なぜシネマグラフを積極的に利用するのか。 動いている部分に人間の目がいきやすく、そこに注目してしまうため商売をする場合には商品を販売するきっかけになります。

グラフィックデザイナーになるためにやるべきこと

グラフィックデザイナーになるためには色々なスキルが必要です。 企業のポスターや商品パッケージのデザインなどを行うのがグラフィックデザイナーのお仕事であり、クライアントの意向にそって創作活動をしなければいけません。自分の個性を前面に押し出して創作活動をする漫画家や画家とは、同じクリエイターでもお仕事の内容が異なります。 グラフィックデザイナーを目指す方はパソコンの基本的な操作を学び、業界で主流となっているペイントソフトやグラフィックソフトのスキルをマスターしましょう。今日のグラフィックデザインはほぼ百パーセントパソコンで進められています。